スポンサードリンク

二重まぶた手術を受ける前にについて

二重まぶた手術のメリット・デメリット・美容形成外科選び・失敗、自力、アイメイク、体験談、マッサージ、二重まぶたグッズ(アイプチ・シールなど)、埋没法、切開法、化粧品、二重まぶたの遺伝、赤ちゃんの二重まぶた、二重まぶたのトレーニング(エクササイズ)などについての情報サイト

二重まぶた手術を受ける前に最新記事

二重まぶた手術を受ける前の注意点

二重まぶたの手術法として、一般的によく知られているものとしては、埋没法とよばれているものです。

この埋没法は、メスを使わずに行える整形方法で、メスを使わないので当然、傷跡なども残らないのが特徴です。

手術時間においても、10分前後と短く、術後の腫れなども比較的少ないので、二重まぶたの整形手術の需要が高いようです。

料金も安く、気にいらなければ元の目に戻すことも出来ます。腫れがほとんど無い方もいますので、翌日にはメイクをすることも出来ますよ。

しかし、埋没法は一重まぶたに戻る可能性があることも否定できません。というのは、糸でとめているだけなので、その糸が切れてしまうと元に戻ってしまします。

一度の手術でずっと二重でいたいという人にはプチ整形は向いていないようです。

そういった人には、切開法という方法もあり、切開法とは、まぶたを切開して余分な脂肪や皮膚を取り除いて、二重にするという方法です。

料金も様々で、埋没法より高く、人によってはリスクの大きい手術法かもしれません。術後は腫れが長く続くことが多く、一気に入らなかったとしても元に戻すことはできません。


いずれの方法を選ぶにしても、カウンセリングはしっかり受けてましょうね。また注意点としては、料金やアフター保証などもしっかりと把握しておく必要があります。

後悔や失敗やトラブルを発生させないためにも、美容形成外科や病院選びは、じっくりと考えて、慎重に選んでくださいね。

<おすすめ>

Google